朽木誠一郎 の あまのじゃく日記

ごめんなさいと念のため

近況報告

スポンサーリンク

「最近どう?」って質問の答えにくさったらない。ここ数日の僕の生活に照らして正直に言うのなら「『ジョジョの奇妙な冒険』を読み返している」(ちなみに第5部)。

アバッキオの同僚の“大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている”って台詞めちゃくちゃいいよね。疲れた大人に刺さるやつ。

もうちょっと期間を広げると「ダイエットをしている」。2カ月でマイナス8kg。トレーニングや食事の内容はInstagramで記録していて、あと8kg落としたらどこかにまとめます。

春先から会ってない人なら「転職しました」。

3月までは雑誌やウェブに書いているライターだった。取材していたのはX JAPANYOSHIKIさんとか元オリンピック選手の為末大さんとかオリエンタルランド社長の上西京一郎さんとかとにかくオールジャンル。

matome.naver.jp

 

今は主に医療記者をしている。ときどき人生の礎こと陸上競技や、人生のアイドルこと椎名林檎さん、その他について書くこともあるけれど、たいていは医療の記事。

 

www.buzzfeed.com

 

転職のきっかけは前回のブログでも説明したこちら。

簡単に言うと「良くないものを壊すだけでいいの?」って疑問があれ以来ずっと頭から離れなかった。外側から石を投げるだけの人にはなりたくない。だったら自分も「信頼性の高い医療情報」なるものを作ろうと思って転職した。

 

読まれるというのは大事なことだとあらためて感じている。忙しい医療関係者の方や、切実な思いを抱える当事者の方が取材に応じてくださるのは、そこに知られるべき何かがあるからなので。

逆に言えば、読まれなければ知られるべき何かは誰にも届かない。だからこそ、読者のみなさん、いつも本当にありがとうございます。

 「書く - 読む」という関係はビットコインを介さなくてもできる支援の形だ。少し前のブログにも書いたように、現時点では衣食住がギリ足りているので、自分のためじゃなくて、ちょっとは世の中の役に立つように、仕事をしたいと思う今日この頃です。

とはいえ、僕ひとりが何をしたところで、「根本的な解決にならない」という指摘はあり得る。それに近い言及をされることもある。そんなときに勇気をもらえるのが、冒頭のアバッキオの同僚の台詞だ。

わたしは『結果』だけを求めてはいない。

『結果』だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ

近道した時『真実』を見失うかもしれない。やる気もしだいに失せていく。

大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。

向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、

いつかはたどり着くだろう? 向かっているわけだからな

うかい

出典:ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風

(この台詞の背景はこちらから。)

もちろん思考停止して目の前のことをやると言っているわけではなくて、現在やるべきことにしっかり取り組みながら、未来のためにやるべきことの種まきをする、というのが現実的な運用だと思うのです。特に、医療という大きなテーマを扱う以上は。

何が言いたいかっていうと、こういうことです。

健康になりたい誰もが、そのために必要な情報を、選択できるようになるために。今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。