朽木誠一郎 の あまのじゃく日記

ごめんなさいと念のため

ネット上の功績称える「ウェビー賞」、松岡修造氏など候補になればいいと思うの

スポンサーリンク

願望です。

 

本物になりたいとずっと思っているしそのためにあれこれしてきたつもりだけど、これまでに自分がした選択がまちがってるんじゃないかとふと後悔することがある。「本物ってなんだろう」と思い悩みつつ、日常業務もスポットの案件もやんないと生活が立ち行かないので走りながら考えていると理想と現実が解離するわけです。

 

そんな疲弊したビジネスパーソンにエールをくれるのはいつだってそう、修造(SAY HOO!)。

www.shuzo.co.jp

 

正直に告白するとさっきまで「本物になりたい」という月間検索ボリュームが50回くらいしかない、もしPCを覗き込まれたらその相手をやや不安にさせるキーワードを検索しておりまして、たどりついたのはかねてより訪問していた修造のサイトだった。なにこのver.見たことない。

さっそく名言部分だけを抜き出してみましょう。

 

おまえはニセモノなんかじゃねえぞ

自分にこだわっていけば

本物になれる

おまえはいつも

商い中

ヘイらっしゃい!

 

まあ、あいかわらずの修造です。本作はオチがちょっとよくわかんないし、こんなんでグッと来たヤツはおそらくギリギリでしょう。

うん、大丈夫だいじょうぶ。

 

 

 

んがあああああああああ

うわあああああああああん

修造おおおおおおおおお

 

 

 

それにしてもインターネット最大の功績って松岡修造の再発見なんじゃないか。異常気象の原因になるってちょっと本気で信じれるのってすごいと思うんよ。

だから次期ウェビー賞には松岡修造こそふさわしいです。

jp.reuters.com

 

ウェビー賞の存在もロイターが日本でメディアをしていることも浅学にしてよく存じ上げなかったのですが。でもオバマくらいすごいよね、修造!!!

 

あれこれ考え過ぎてポンコツになっていた僕を見かねた同僚が以前飲みに誘ってくれて「(朽木は)師匠を持つのがいいよ」って言ってもらったのがずーーーっと頭に残っている。こういう言葉の仕事は一度は尊敬できる先輩のもとで修行しないと軸が定まんないって文脈だったと記憶していますが、すごく腑に落ちた気がした。

たしかに本物になりたいと思ったら、本物だと自分が心から信じられる存在のもとで学ぶのが一番効率がいいよね。わかんないことは教えてほしいし、別にそれは手取り足取りじゃなくていい。知りたいときに知りたいことを学ぶか教えてもらうかできるのは、同じ専門性を持った上位互換がいればこそでしょう。

それが人材育成というものではあるまいか。

 

 

すげえ

誠一郎 朽木さん(@amanojerk)が投稿した写真 -

 

そんなわけでさいきんは自分がすげえと思う方々に一緒にお仕事させてくださいってお願いしていろいろ勉強させてもらっている。まだ成果と言えるほどには上がっていないけども、そのうちいい報告ができればと思うます。あとはニワトリと卵でそういう活動をしてたら仲間ができた。PAKUTASOチームはその代表ですʅ(´◔౪◔)ʃ

僕のように内側にこもりがちなタイプは何かをまじめにしようとすればするほど自分の思考の範囲を制限する傾向にあると思う。こうするしかない、みたいな選択は本当は人生になくて、解決方法やチャンスは外側に意外といくらでもある。人が人を、仕事が仕事をつないでくれて、僕は自分を本物だとは思えないけど今日も商い中だ。

 

ヘイらっしゃい!