朽木誠一郎 の あまのじゃく日記

ごめんなさいと念のため

アイディアのセックスってなんだよ、お脳がふしだらかよ

スポンサーリンク

気分がノッて来たので、悪口を言います。

 

ウェブ編集者たるもの、Googleキーワードプランナーとはジョジョの奇妙な冒険第4部の虹村億泰とトニオ・トラサルディーくらいの間柄だ。

ざっくり説明すると、これは特定のキーワードが月に何回検索されているかとか、特定のキーワードと一緒に検索されているのがどんなキーワードなのかとかを調べるツール、だとわかりにくいから下図参照でお願いします。

 

f:id:seiichirokuchiki:20140831121408j:plain

 

「イケメン」という言葉がGoogleのユーザによってだいたい月に20万回ほど検索されており、かつ「イケメン」で集客しようとしている競合サイトはあまりいない、くらいのことがわかればおk。

 

f:id:seiichirokuchiki:20140831122102j:plain

 

さらに、「イケメン」と一緒に検索されがちな言葉のリストも確認できる。「イケメン 写真」にはやはりかなりの需要があるようです。
「顔 イケメンにする」からは人間らしさが垣間見えてほのぼのとした気持ちになりますよね。実際に検索してみたら自意識の地獄絵図だった。

 

まだまだGoogle神の手のひらで転がされるわたくしのようなひよっこマーケターは、やはりキーワードプランナーでいかにユーザを集客するかを考えなければいけません。

で、調べていたのだ。僕の仕事で言うと、タイトルにどんなキーワードを含めればたくさん検索されてPVが上がるのかというのが重要になる。
具体的には「アイディア」の記事についてその周辺のキーワードを当たっていたところ、そこでさまざまな気づきがありまして。

 

  • 「アイディア」 3,600
  • 「アイデア」 6,600
  • 「アイデア アイディア」 320

 

まず、個人的には「アイディア」のが語感が好きなんだけど、検索ボリュームは「アイデア」のが多いらしいです。でも、結局は「アイデア」でググっても「アイディア」が上位表示されたりするからいちがいに言えなくて悩ましいところ。

そこらがわかんなくなるのはみんなに共通の罠なのか「アイデア アイディア 違い」というキーワードもけっこう検索されていた。

 

  • 「アイディア 発想」 5,180
  • 「アイディア コンテスト」 4,820

 

このへんはまあ納得できるよね。ユーザのニーズをしっかり反映したキーワードの並びになっているし、コンテンツを提供する立場はSEOだけじゃなくて、満足度の高いキーワードを設定してあげる必要がありそうだ。

 

でも、見つけちゃったんです。桁違いのポテンシャル、その数なんと

 

674,580

 

やべえじゃん、このキーワードで上位表示されたらとてつもない検索流入じゃん。
見つけちゃった〜、チャリンチャリンのキーワード見つけちゃった〜!

と思っていたら、これだ。

 

f:id:seiichirokuchiki:20140831141107j:plain

 

「アイディア セックス」 674,580

 

どういうことだってばよ。

セックスのアイディアとはなにか、28歳にして公称3年間セックスレスのおれに自省してみせよと。よろしい、ならば上京直後の極貧時代に現役女性医師官能小説家のゴーストライターをしていたおれのアイディアが火を吹くぞと。

 

いや、わかるんですよ。Googleさんがある程度関連するものの中からボリュームが大きいものを提案してくれているのは。
セックスなんかみんな興味しんしんなのだから、そりゃあどんなものを組み合わせても広告価値は高くなるだろうさ。

とはいえ、なんでセックスなの。本当にある程度の関連性があるの。
そんな気持ちでさらに分析してみた組み合わせは下記参照。

 

  1. 「(アイディア) セックス マット」 40
    いつの世も創意工夫が技術の発展を支えてきたのだろう

  2. 「(アイディア) 部族のセックス」 40
    滅びゆく部族の未来を賭けたのか、はたまた未知なる49手目を模索したのか

  3. 「(アイディア) セックスしました」 720
    そうですか

  4. 「(アイディア) ted セックス」 30
    TED?なんでTED?

 

TEDなんて言ったらアレですよ、意識高い系の代名詞、いつでもどこでも動画で著名人のプレゼンを視聴できてしまうサービスですよ。

まさかそんな、と思って実際に検索してみたら、ありました。

 

f:id:seiichirokuchiki:20140831141556j:plain

http://www.ted.com/talks/matt_ridley_when_ideas_have_sex

 

リドリーイイイィィィ!!!

思わずジョジョの奇妙な冒険第6部のプッチ神父みたいにもなるというものですが、TEDにはアイディアをセックスさせるプレゼンがあるらしいです。

ちょっとなに言ってるかよくわからないので概要をチェックしてみましょう。

 

TEDGlobal 2010において、マット・リドリーは、人類の歴史を通して、アイディアが出逢い交わって新たなアイディアを生み出すことこそ、人類の進歩の原動力であったと論じます。個人ではなく、集合的な脳の賢明さが重要なのです。

 

なるほど、だからセックスか。

 

って、ならないよね。
「アイディアが出逢い交わるとき」でいいよね。

 

どうしてリドリーそこでセンセーショナルな発想しちゃうの。
おじさんもうリドリーがドヤ顔しながら右手で遠隔操作しているのがいかがわしい振動の機械に見えて仕方がないよ。

 

ちなみに、著名な科学ジャーナリストです(ふつうにいいプレゼンだし)。
誤解すんなよ、絶対誤解すんなよ。

 

f:id:seiichirokuchiki:20140831141808j:plain

 

見てるぞ。 

 

そういえば関連キーワードには「地球とセックス」というのもありました。
確かに、アイディアが必要そうですね。

 

ど〜でもいいですよ。